時間の使い方

時間を効率的に使うことはいいことだと誰もが思っているかもしれません。私もそう思う一方で何もかも効率的すぎると息苦しく感じることも多くあります。子供のころや若いころは時間をいかに効率的に使うかでいろんなことができるようになったり、より充実した生活ができると思い込んでいたこともありますが、最近はそうでもないこともあると感じます。何もしないでぼーっと過ごすこともそれはそれで無駄な時間だとは思わないですし、時間をかけて何かを取り組むというのもまた何か違った発見があったりすることもあります。ゆとりをもった時間ということ自体が贅沢でいい時間の使い方というのも感じます。私は読書が好きなのですが、効率的に読書をすると速読のようになってすぐに1冊の本を読み終えてしまうことになります。読書の時間そのものを楽しむのであればゆっくりと1冊を読めるほうがいいと思いませんか。何事もスピードアップ、無駄な時間の排除、効率的に時間を使うことばかりでは人生を楽しめないように思います。

広告を非表示にする